〜知識の貯金箱〜  ※旧オトコスメ

超・雑記ブログ

未分類

ケトジェニックダイエットにとっても役立つアイテム 「ketone meter(ケトンメーター)」の使い方やその効果について

投稿日:





どうもケトジェニックダイエットを実施しているゆんゆんです。

毎回ケトジェニックとは何ぞやから説明するのですが、また説明したいと思います。(簡単に)

ケトジェニックダイエットとは、糖質制限をすることで、体の脂肪を燃やしやすい状態にして痩せていく方法のことです。

糖質制限とは、食べ物の中で、ご飯やパンなど主食に多く含まれる炭水化物や、ケーキやジュースに含まれる砂糖をなるべく食べないようにするものです。

こうした糖質制限をすることで、体の中の糖質エネルギー源(主にグリコーゲン)がなくなります。すると、体がエネルギー源として脂肪を使おうとするんです。なので、糖質エネルギー源が無い状態が続くことで脂肪が減りやすくなるというダイエット方法です。以前に自分で実施した記事がありますので、よろしければ参考にして下さい。

 

で、やっとここから今日の本題です。

糖質制限をするといっても、1食だけ糖質制限したって体の中の糖質エネルギー源はなくなりません。人間の体内には、糖質エネルギー源が大体2000kcal分くらい貯蔵されているといわれます。それを使い切るまでに早い人で1日、遅い人だと2~3日かかってしまうんです。

で、その貯蔵されたエネルギー源が残っている間は通常の状態と変わらないので、痩せやすくはなりません。例えばそうなることを知らずに3日糖質制限して痩せないからやめてしまったら、せっかくスタート地点に来たのに、よくわからないから帰るようなものです。

そういったことが無いようにするために、「体から糖質エネルギー源(グリコーゲン)がなくなるタイミング」がわかればいいんです。

そしてそのためのアイテムがこちら。

Ketone meter (ケトンメーター)

まず紹介したいものはこちらになります。

これがケトンメーターです。Amazonで簡単に購入することができます。

簡単に使い方を説明すると、左上の透明のマウスピースから息を吹き込むことで、息の中の「ケトン」の量を測ってくれるというものです。

この「ケトン」は糖質制限をしていないときは全く検出されません。糖質制限を始めて、体の中に貯蔵されていた糖質エネルギー源を使い切ったあと、脂肪をエネルギーとして使いだすと出てくるものです。

なので、この数値が上がれば糖質制限により、痩せやすい状態になっているという事がわかります。(その状態をケトーシス状態といいます。)

 

実際どれくらいの数値になればいいのかというと、メーカーのサイトにはこのように記載されています。

 

数値的には0.5~3.0くらいであればちょうどいいケトーシス状態という事です。

ちなみに、ほかの状況を書くと、

0.5以下は普通の状態。

0.5~3.0はちょうどいいケトーシス状態

3.0~5.0はちょっと行き過ぎた飢餓状態

5.0~7.0はケトーシスが強すぎて、医者に行ったほうがいいレベル

7.0以上は超過剰状態

という感じです。




それでは実際に使ってみよう

こんな感じで箱に入って届きます。中にはケトンメーターとマウスピース(吹き込み口の透明な部品)が入っています。

ケトンメーターは購入時に電池がついていませんので、単3電池を2本準備する必要があります。(下の写真は家に転がってたのを使ったので電池がバラバラ、、、)

電池をはめれば準備完了です。

まずはスタートボタンを押し、20秒待ちます。20秒待つとピーという音と、broという表示になるので、ここから8秒間息を吹き込みます。吹き込む強さは普通にストローで息を吹き込むときくらいの強さでOK。とにかく途切れずに吹き続けることが重要です。

実際はこんな感じで吹き込みます。

そしてこれは全く何もしていないときの数値なので、ケトンは検出されず、「0.00」の表示です。

で、ここから糖質制限の食事を始めます。基本的には肉や卵、チーズなどを食べます。

コーラはゼロにしないと糖質制限できません。逆にゼロであれば糖質制限はできますので適切にご利用下さい。

そのほかにも、

こんなのとか、

こんなのもOK。とにかく炭水化物と砂糖を避けましょう、

 

そして、1日糖質制限をすると、

もうケトーシス状態が始まりました。

私の場合、前にケトジェニックダイエットをしたことがあるので、体がケトーシス状態になりやすくなっているのかもしれません。

そして、このケトーシス状態になれば、カロリーをきちんと押さえていれば勝手に痩せていきますし、運動をすればめちゃくちゃ早く痩せていきます。

しかもカロリーをしっかりとっていれば脂肪が優先的に消費されていくので、ボディメイクしている方にも超オススメです。(私はまだ見せられる体ではないのですが、、、)

 

ちなみに3日くらいこの食生活を続けると、

こんな感じでケトーシス状態が強めに出てきます。この状態で激しい運動をしたり、カロリーを下げすぎたりすると、

こんな感じで飢餓状態になるので、やりすぎ注意です。




 

ケトジェニック中に糖質をがっつりとるとどうなるのか

ケトジェニックダイエットで糖質制限をするとケトーシス状態という痩せやすい状態になりますが、そこで糖質を摂るとどうなるのか。

例えば私が糖質制限中にめちゃくちゃ甘いイチゴミルクを飲んでみました。(砂糖が100gとか入っていそうな甘さ)

その3~4時間後のケトン状態は

体の中に糖質が補給されることでケトーシス状態が止まってしまいます。

しかし、これがずっと続くかというと、そんなことはありません。

今回はイチゴミルクで大量の糖質を摂ったのですが、この糖質分のカロリー(糖質1g 4kcal)を消費してしまえばまたケトーシス状態が始まります。

体感ですが、1食糖質をがっつりとったとしても、そのあと糖質制限した食事を1~2回繰り返せばまたケトーシス状態が始まります。

ケトーシス状態が始まったところで軽い有酸素運動をすると、どんどん脂肪が燃えていくわけです。

せっかく運動するんだったらケトーシス状態で脂肪が燃えやすいタイミングでやったほうがお得感がありますよね。

そのためにこのケトンメーターがめちゃくちゃ役立ちます。

測定も1分もあればできますし、運動前に測ってケトーシス状態だったらお得なタイミングという事がわかり、モチベーションも上がるというものです。

 

ketone meter(ケトンメーター)のまとめ

ケトジェニックダイエットをするにあたり、脂肪が燃えやすいケトーシス状態かどうかが一目でわかるのが最大の利点です。

また、測定も1分程度で手軽に行えるため、運動前に測るなど簡単に行えます。

 

値段は少し高めではありますが、買って損はないものかと思います。

私がこれを買うときは情報が少なくて半信半疑でしたが、買って使ってみるとめちゃくちゃ便利だったので、皆さんも安心してご使用いただければと思います。(私はメーカーの回し者ではありませんw)

これからケトジェニックダイエットを始める人、すでに始めていて効果を確認したい人などにオススメです。

もし何か機器について質問等あればコメント欄からどうぞ。試して回答してみますね。

 

以上ケトンメーターの記事でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。




-未分類

Copyright© 超・雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.