〜知識の貯金箱〜  ※旧オトコスメ

超・雑記ブログ

未分類

完全ワイヤレスイヤホン JLab Jbuds air が便利で高音質なのでレビューしてオススメしたい件

更新日:





どうも最近ジム通いのためにワイヤレスイヤホンを導入してホクホクのゆんゆんです☆

本日はたまたま台湾で購入した完全ワイヤレスイヤホンが神がかり的に良かったので紹介してみようという記事になります。ジムに興味がない方でもイヤホンの話なので読んでいただければ嬉しいです。

それではさっそく紹介してみます。

JLab社製 Jbuds Air について

これから紹介するイヤホンはアメリカのJLab社が製造する完全ワイヤレスイヤホンになります。

こちらはまだ日本での取り扱いがないかもしれません。が、そのうち入ってくると思います。ちなみに私は台湾で購入しました。

 

さっそく写真で見てみましょう。

見た目はよくある形ですが、シンプルでかっこいい。ちょっと使用済なので汚れもついてますがご勘弁ください。。。

ケースには充電用のUSBケーブルが付属されており、USB充電口があればすぐ充電できるのがメリットです。

こちらの商品はアメリカの定価が49ドル(約5000円)になります。が、私は台湾で購入しまして、約7000円でした。定価より高いのは台湾なので仕方ありません。が、購入してどうだったかというと、

価格以上に音がいいし、そもそもめちゃくちゃ便利だし、買ってよかった!

と自信をもって言えるイヤホンです。(なので紹介しているわけです)

まぁもう少しイヤホンの詳細について説明してみましょう。




 

JLab Jbuds Airの基本性能について

ちなみにこちらの新品の時の写真はこんな感じです。

付属品として、イヤーピースが小さいのと大きいのも入ってます。後は説明書ですが、英語です。まぁ絵で何とか操作方法はわかります。

そして基本性能としては以下のようになります。

  • IPX55(シャワーで使えるくらいの防水、防塵)
  • Bluetooth 5.0
  • イヤホンの電池は4-5時間程度のもち
  • イヤホンケースにも電池が入っており、そちらで充電しながら使うと13時間くらい追加できる
  • 電話もできる(マイクもついてる)
  • イヤホンで音量やイコライザなどの操作ができる

という感じです。IPX55というのはジムで汗だくになっても問題ないということでめちゃくちゃ便利です。

日本語の説明サイトがないのですが、中国語の説明はあるので一応張っておきます。絵と漢字で何となくわかってもらえるはず。

JBuds Airの中国語説明

で、実際の装着感はこんな感じ。

耳にイヤホンを指して少しねじることでめちゃくちゃフィットします。これをヘッドバンギングで振り払おうとしたら首が先にやられますw

スマホとは最初の1回Bluetoothの設定をすれば次からはケースを開いて取り出すだけで接続してくれるのでめちゃくちゃ便利です。ただし、スマホを2台以上使用している場合、2台登録すると前に接続していた機器に自動でつながる設定になっています。そこは注意ですね。




音質はどうなの

私の感想としてですが、音質はかなりいい部類だと思います。初期はバランスの設定でフラット気味なのですが、イコライザでJLabモードみたいなのにするとドンシャリ感が強くなってパフュームとかに合う感じになります。

マキシマムザホルモンとかも聞くんですが、低音も割としっかり出ます。ただ、低音重視のextra bassのモードにするとなんか濁った感じになるのであまり好きではありません。

フラット(バランス)かドンシャリ(JLabモード)がお勧めです。

あと、音が小さいとそもそも全体的に濁る感じなので、音量大き目推奨です。

個人的には5000円以上10000円以下の有線と同等レベルと思います。

ちなみに私が持っているのはエレコムのEHP-CH3000と、

 

TZF KING IIという中華イヤホン(こちらはAmazonで取り扱いがなかった、、、)で、その中間くらいの音質です。

エレコムは定価1万くらいで、購入時は6000円くらいでした。(今めっちゃ安くなってますね。。。)かなりドンシャリなイヤホンで、個人的には好きなんですが、長時間使うと耳がつかれますw

中華イヤホンは1万円くらいで購入しました。解像度がえぐくて楽器の細かなセッティングがわかる気がします(あくまで個人の感想)。この中華イヤホンは世界で評価も高く、数万円の上級グレード並みの音が出るといわれています(世界の感想w)。

で、本題のJBuds Airは中華イヤホンと比べると解像度は下がるものの、十分聞けるくらいの音を出している。と思います。

正直これで7000円くらいなら全然ありだと思います。しかも完全無線で超便利。

最近は便利なので中華イヤホンを使わなくなりつつありますw(忘れかけているのでJLab JBuds Air写真をもう一度)

これを買う際に色々と調べて、モバイルバッテリーで有名なAnkerの出しているイヤホンとかも考えてました。

こっちは日本でレビューもたくさんあるし、Ankerというメーカーの安心感もあります。ただ、これは台湾では買えないか、買えたとしてもめちゃくちゃ高くなるんですよね。。。

で、日本に帰ったときにAnkerのイヤホンを買うか、台湾で適当なものを買うかで2週間ほど悩んで、結局早くジムで使いたくて台湾で買ったわけです。

結果としてもっと早く台湾で買っておけばよかったってのが正直なところです。

まぁAnkerの音質を聞いてないので何とも言えませんが、このJLab Jbuds Airもかなり満足できる商品なので、もし台湾に来ることがあれば買ってみるのもオススメかと思います。もちろんアメリカでもオススメです。(むしろアメリカならもっと安い)

 

ということで本日はたまたま買ったイヤホンがとっても良かったので皆さんにもぜひ進めたい!という記事でした。

安心してください!JLab社さんからは紹介料とかもらってませんw ステマではありませんw もしJBuds AirとAnkerのイヤホンを聞き比べたことがある方がいたらコメントで比較書いてもらえると嬉しいです!

 

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。




-未分類

Copyright© 超・雑記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.